翻訳で生計を立てる

翻訳の就職情報を見る

翻訳家になってみたい方

翻訳家として実際に生計を立てて行けたらと思う語学好きな方はたくさんいらっしゃると思います。実際、登録先は星の数ほどあり、英語、英語以外のヨーローッパ言語、アジア言語から日本語へのニーズは国内外たくさんあります。特に技術部門の翻訳は専門職であるため誰でも出来る訳ではありませんが、もし理系で語学好きであれば試してみる価値があるお仕事です。英語だけでなくドイツ語や中国語は重宝されます。ドイツも中国も産業がさかんな国ですのでお仕事が入りやすいでしょう。

↑PAGE TOP